油断大敵~他人事ではすまない攻撃性の強い害虫~

巣に近づかない

古い木

蜂が身近に存在するようになってきた時代

最近になって蜂によって被害を受けたという話を良く聞くようになって、これもちょっと前までは田舎くらいでしか起こらなかったのですが、近頃は都会でもそれなりに耳にする話になってきているのです。しかも蜂の巣が住居にできた、退治するのに一苦労というのも耳にしたことがあるはずです。そのくらい身近なものとなってきて、対岸の家事や他人事と思っている場合ではなく、次は自分の身にも振りかかってくるかもしれないと考えておいた方がいいのです。そして対策や退治の方法も調べておいた方がよく、先回りしての準備が必要となってくるのです。何しろいざ蜂や蜂の巣を見かけてしまったら、パニックになってしまう場合があるので知っておくことが大事なのです。

素人が手を出すのは危険なのです

そして蜂や蜂の巣を見つけた場合、それがどんなものであっても手を出すことはいけないのです。とりあえずはその場所を確認しておく、そして周囲に連絡を回して近付かないような対策をする必要があるのです。先走って退治などと考えてはいけなく、特に蜂の巣は扱いが難しいもので、素人が下手に手をだして壊してしまったら蜂が周囲に散らばってしまうのです。そういった二次災害を避けるためにも、退治の前に近付かないようにすることに力を入れる方がよく、対策に関しては民間や市営の専門家に任せるのがいいのです。蜂に襲われた場合、怪我ですめばまだいい方で、場合によっては死に至ることもありますので、素人が手を出すことは決してしてはいけないのです。